会社概要 沿 革 事業所 プリント基板実装 電子機器組み立て 回路設計/アートワーク 機械設備/検査装置 測定機器 ISO/医療機器製造許可






























環境活動


情報セキュリティ



■ 沿 革 ■


昭和51年 3月

  エヌケーパーツ工業から電子部品関連部門を昭和50年に独立し営業を開始、後 法人組織に改め
  エヌケーシステム株式会社を設立。
昭和51年 5月
  プリント配線基板パターン設計及びアートワーク部門を設け、 プリント基板の設計から組付けまで一括
  受注を可能とする。事業拡大に伴い 本社社屋を建設(床面積166u)。
昭和59年 9月
  天白区植田南に新工場を建設(床面積660u)。
  本社工場に三槽式超音波洗浄器を導入。
平成 2年 1月
  天白工場にシチズンチップマウンティングシステムを導入。同時ににマミヤ製チップマウンターを導入。
平成 3年12月
  事業拡大に伴い本社社屋横に新社屋を建設(2階建て床面積288u)。
  エクセルリフロー(ER−500UVCW)を導入。
平成 6年12月
  天白工場に ヤマハチップマウンティングシステム (YM12D、YM84S2、YM84V2)を導入。
平成 9年 2月
  管理部・開発課に プリント基板アートワークCAD一式追加導入 (DELLXM5100+PowerPCB)。
平成11年 4月
  アートワーク業務拡大のため、管理部・開発課にプリント基板アートワークCAD一式追加導入(CR−
  500 PWS:図研+HP KAYKK6/450M)。
平成12年 5月
  天白工場のシチズンチップマウンターを撤去しヤマハモジュール型ファインピッチ対応カメラ搭載、レーザー
  認識により部品の割れ等無く高精度高速搭載が可能となる。
平成14年  8月
  高い技術力の維持向上を通じて顧客満足を実現すると共に、品質マネジメントシステムの有効性につ
  いての継続 的な改善を行うためにシステムを導入。
  JIS Q9001;2000年度版 / ISO 9001:2000年度版を取得。
平成17年  5月
  プリント配線基板パターン設計及びアートワーク部門を設け、 プリント基板の設計から組付けまで一括
  受注を可能とする。事業拡大に伴い本社新社屋(床面積290u)を建設
平成18年  1月
  社員の技能・技術向上のため、技術検定試験(電子回路接続)の受験を奨励し、又技能検定:実技
  試験 (電子回路接続)の試験会場の提供を開始。
平成19年  9月
  事業活動が地球環境に及ぼす影響を適切に認識し、その事業活動のすべての分野で環境への付加の
  提言と環境の保全のため環境マネジメントシステムを導入。SO14001:2004年度版を取得。
平成20年  6月
  アートワーク設計及び 回路設計業務拡充のため、開発課に プリント基板アートワークCAD(CR-50
  00/BoardDesigner:図研)、回路設計システムワークCAD (CR-5000/BoardDesigner:図研)
  、回路設計システム(CR-5000/ SystemDesigner:図研)を導入。
平成22年12月
  お客様よりお預かりした製品の開発、設計、製造に対する情報を適切に保護する。
  また情報セキュリティ基本方針及び関連する規則、法令、顧客との契約を順守するため、情報セキュリ
  ティシステムを導入。 JIS Q27001:2006(ISO/IEC27001:2005)を取得。
平成23年12月
  品質の安定・向上のため、製造部に装着部品回路検査装置 (インサーキットテスター:エスジーテック :
  TR-518SII) を導入。
平成25年  1月
  プリント基板の安定的な分割が出来るように,ルーター式基板分割機[集塵機付] (SAM-CT23Q :
  (株)サヤカ)を導入。
平成26年  2月
  製造部と資材管理部門の合理化および利便性の向上のため、天白工場を閉鎖して本社側近の川原
  通に新工場(床面積680u)を建築し稼働する。
  同時にマウンターライン高速化・高精度化のため、ヤマハ YVシリーズを入れ替え、モジュール型多機能
  マウンター ヤマハ (YS12F+ATS15)を導入。
平成26年 9月
  ウンターライン強化の為、モジュール型多機能マウンター ヤマハ (YS12F)、印刷機 ヤマハ (YSP-
  10) 、リフロー アントム (SOLYS-84601) を追加導入。
  三槽式洗浄機(昭和螺旋管製作所)及び装着部品画像確認装置 マランツ (22XFW-350) を導入
  第二製造課に配置。
平成27年 6月
  品質向上のため、製造部 第一製造課・第二製造課に装着部品画像確認装置(マランツ 22XFW-35
  0:Z軸仕様・マランツXWF-350) 合計3台導入。
平成28年 5月
  旧型マウンター機能向上のため、モジュール型多機能マウンター ヤマハ (YS12F+ATS15)および
  モジュール型チップマウンター ヤマハ (YS12F)、ディスペンサー ヤマハ (YSD)に入替導入。
平成28年 9月
  多機種機器の試験対応のため、「静電気試験機」・「ノイズシミュレーター」・「バースト試験機」等測定
  試験装置を導入。
平成28年 11月
  原材料等調査測定用「エネルギー分散型蛍光X線分析装置」を導入。
平成30年 12月
  本社旧館1階資材倉庫資材管理効率化のために増床工事を実施、倉庫スペースが約25平米増加。
令和  1年 11月
  コロナウイルス対応のため空気清浄機 {Airdog} を本社各部署 計4台、工場各部署 計6台、全社で
  合計10台設置。 体温測定器と手指の消毒液と室内消毒液等を本社・工場の各部署に設置。