回路設計・アートワークCAD

 

 

■ 打ち合わせから完成までの流れ



私どもエヌケーシステム(株)は仕様の打ち合わせをさせていただき、仕様書を作ります、それに基づいて回路図を作成し

それと同時に、ソフトウエアの開発もスタートします。

それに伴い、プリント基板のアートワーク設計を行います、メタル版のデータも作成し出図いたします。



               

プリント基板・メタル版と部品、補材等手配をいたします、部品等が入荷しましたらチップ部品・面実装部品のマウンターによる

搭載をします。

ディスクリート部品の搭載と半田付け作業をしてプリント基板が完成いたします。



         

その後、画像認識検査機、インサーキットテスター、専用検査冶具等で検査し不良品の流出をを防御します。

プリント基板の組み付けのご依頼のお客様には、専用の通い箱等により出荷いたします。



            

機器の完成品の注文の商品については、ケース(樹脂、金属)への組み付け、ハーネス・コネクター等を使用しての配線

組み立て作業を行います。

その後、最終機能検査等を行い、外観検査をして必要書類等を入れて丁寧に梱包します。

お客様の納期に従い、速やかに出荷させていただきます。




                         


回路図設計ツール:OrCAD Capture

複雑なプリント基板の設計、FPGA/CPLDのデザインまで行うことができます

             






回路図入力
回路図編集
                                                                                                                         

プリント基板アートワークCAD
   


プリント基板CAD/CAMシステム


CR5000 PWS


                                                                                                                                                 

                                                                                               


接続情報と配線仕様に基づき、リアルタイムDRCの上で

実行できる強力な配線機能を装備



◆ ボードレイアウト/製造データ設計システム

CR−5000 Board Designer(ボードデザイナー)




オンラインでダイヤモンドゲージと配線長グラフ、

配線中のネット情報を表示



       




   回路図からの選択を基板に反映



ページ先頭へ

エヌケー HOME